piece3-1 交錯

今、ピーターが生きる理由。自分の存在意義を皆に認めさせる事。そして、誰よりも高潔に生きる事。
それは人として当たり前のものだと、ピーターは感じている。

ピーターの父親・グレゴリーが研究対象にしたのは、ある筈の無いモノについてだった。その名も『シュライン』。現実主義をモットーとするピーターには、何を以て神様のモノと呼ぶのかさっぱり判らない。
彼の言い分はこうだった。シュラインとは意図して人為的に作られたシステムだ。何らかの感応端子が遺伝子等の情報を解析し、システムの動作条件に適合すればシュラインが起動する。開発者について不明な点が多いことを考えると、先の戦争に依って情報が散逸していると考えられる。故に、秀でた人物が過去の戦禍を免れた物を持っていれば、それはシュラインの可能性が高い。一番最初に発見されたシュラインも、ある科学者の所有物だった。
彼の名前は、ジェラルド・ハーン。科学賞を総嘗めにした偉大な研究者だ。
私事では破天荒な性格と称されただけあって、ジェラルドの功績は防護壁の開発者達の更に上を進んでいた。従来の概念を飛躍させた有機物の伝導物質の開発に始まり、素粒子単位での元素の再構築、防護壁表面に集まる放射線を利用した電池パネルの製作、防護壁損傷部を自己修復するシステムの開発等、数えればキリが無い。
ジェラルドのお陰で、ドームの中は戦前の環境と同じ状態を保っていた。寧ろ、ジェラルドの研究の成果が反映している大都市では、それ以前よりも大きく変わっているのかもしれない。
まるで人の身体を造り出す様に、壁の中に世界を造り出した漢。享年七十歳。ジェラルドが亡くなって、もう半世紀が過ぎていた。
しかし、半世紀だろうが戦後だろうが、やる事全てが伝説で語られていた。そんな人間だったからこそ、科学に憑かれた人の殆どがその影響を受けているのかもしれない。
ピーターの父親もその一人で、ジェラルドの生き方は尊敬するが、彼の研究成果はまだまだ甘いという、『先生』と呼ばれる人にありがちな非常にアクの強い人だった。
そんな父親が研究施設で派手に死んでしまった。
研究室の分析機器を稼働させたまま、制御室で犯人に切り刻まれていたらしい。
他にも機器の操作や数値計測を手伝う研究員が複数人いたものの、彼らも同じ状態で発見されていた。
犯人は分からない。だが、父親が分析機器に通そうとしていたのは、刀が一本。彼が目を付け、散々頼んで拝借していた刀だった。
それを所有していたのが父親の古い知り合い、更に女性ながら軍事の統括指揮を取る程の強者と言うから、死んだ人間には分の悪い方へ話は進んでいった。
結局の所、死してなお父親の願った魔法が起こる事は無かった。彼の望む物的証拠は全く出て来ず、思い通りに事が進まない事に主導していた科学者が発狂し、自作自演で周りを巻き添えにして命を断った。そんな安直な回答で全ては片付けられた。
父親の思いは脆くも崩れ去っている。
誰が考えてもそうだろう。うだつの上がらぬ科学者と、羨望の的である将校。身内だとしても、信用するのは父の知り合いである軍人だった。
ピーターの父を知る人は必死に父の立派さを褒めたたえ、父を支えた家族の存在を持ち上げてくれる。そう言われても、ピーターは疑問を感じずにはいられない。
後ろにいる自分達の姿を何ら顧みず、ひたすらに自分の世界に没頭する様は正しかったのか。祖父は彼の生き様を自慢にして周囲に語り、母親に至っては、全てを悟りきった顔でグレゴリーとは関わろうとしなかった。
ピーターは父親も家族も、どちらとも立派だと感じていない。
そんな感情を抱えたまま、ピーターは大人になっていた。そして、自分の事を皆に見て欲しいと願う、無知な子供のままだった。
父の死は、神の与え賜うた好機。自分は父親だけでなく、『ジェラルド・ハーン』という近代の化物染みた研究者の名声を超えるかもしれない。
その無謀な願望が父親のジェラルドに抱いていたものと同じだと気付かず、ただ心のままに走り始めた。
彼の研究していた神を騙る物は無くとも、まずは研究者と同じだけの見識をつけねばならない。そう思い、必死に勉学に努めた。学生のうちに色々なコミュニティに所属し、父の友人である高名な工学博士と懇意になった。そして、父の不得手だった医学院に進学した。
残されたからこそ、その全てを抜いて頂点に立つ。それが自分に課された生き様だと思い続け、今に至る。
ピーターの今夜の予定は、とあるセレブリティのガイドだった。
待ち合わせているのは一人の少女だ。勿論、只の子供ではない。
ベルガモット・アーヴァイン。防護壁等の開発に携わっていた研究者の親族で、その辺の政治家より金と権力を持つ天才児。全世界の父親の庇護の元に英才教育を施され、知識レベルは大学の教授と遜色が無いと専らの噂だった。
そんなセレブリティの天辺にいる姫君とピーターは、医学院の卒業を控えた折に開かれたコミッションパーティーで出会った。黒髪で精巧な西洋人形の様に美しい顔をした子供が、その場繋ぎに話始めた昔話に食い付いたのが切掛けだった。

「もっと話を聞かせて。」

感情を面に出さぬ彼女が、父親の大まかな研究内容と異様な死に方を聞くとにわかに笑った。
必要以上に知識を詰め込まれた所為で、人間の感情を無くしてしまったのだろう。血の繋がりで巻き添えをくった哀れな少女に、彼は打算で近付き、お姫様の友人というステータスを得た。
その彼女が、シークレット・ガーデンのゴミ市場と、一番残酷な賭博場のリアルな様を見てみたいとの事で、執事達がピーターを案内役に抜擢したのだ。彼女の数少ないご友人方は都合が悪く、それにピーターは少しばかり感謝していた。
今日のお相手は、素晴らしいコネクション。
ただの我が儘でも彼女の願い事を聞けば、自分の願いが倍程叶えて貰える。チャンスを掴めば、これから進む道がバラ色になる事を約束される。
そう言い聞かせながらシークレット・ガーデンの程近く、第六区と第四区の境目にある交差点で待っていた。
目立たず、騒がず。場に合わせる様に慎ましく。
ホストの立場に配慮して大人しく待つものの、やっぱりシークレット・ガーデンはピーターの嫌いな場所だった。
ピーターが苦手なのは、その場にある雰囲気だ。此所は売られるモノが雑多に溢れているお陰で、ピーターの苦手な腐敗臭や埃、生臭い臭いが近隣にまで漂っている。
可憐や美麗を代名詞にできる彼女が、何故こんな所を見たいのか理解に苦しんだ。この汗臭い空間は知性とは程遠くて、馬鹿と糞しか集まらない阿呆の集合地にしか思えなくて、嫌悪感が顔にでてしまう。
ピーターの我慢が限界点に達する前に、彼の前を電気自動車が止まった。
運転席から素早く侍従が降り、後部座席のドアを開けると、御伽話から抜け出た容姿の少女が優雅に降り立ち、ピーターを見上げた。

「お待たせしたかしら。」
「いいえ。」
「ごめんなさい。こんな場所にお呼び立てして。」

服装はシークレット・ガーデンに合わせて多少ジャンクな雰囲気にしているものの、黒いボレロと藍地ワンピースを着て、目深く帽子を被る子供なんて此処にはいない。
彼女と同じ年頃の少年を降ろすと、車は手早く去って行った。
共にいる少年は場の雰囲気に馴染んでいた。黒のパーカーに濃赤色のカーゴパンツ。皮のブーツ。赤色のベスト。金色の髪を無造作に縛っている。同じ様に送られて来たので、恐らくは富裕層の御子息様だろう。背丈と年が上のピーターを見ると、軽く笑って遠くを見上げる。
ただで無くとも気分が悪いのに、そんな態度を取られたお陰で、更に気分は悪くなった。ピーター忌々しげにベルに問いかける。

「そちらの方は?」
「あたしの古いお友達よ。一緒に行きたいとおっしゃったの。いけない?」

彼がピーターを小馬鹿にする様に中指を立てようが、舌を出そうが、下手に疑問を出さずに笑顔で了承した。


***********************


先程ヨリが二人に捕まった地下の闘技場があるビルへ向かうと、出入り口である柵には鍵が掛かっていた。日付も変わりたての頃と言うのに、興業終了で閉めるには早い時間だ。
何の気なしに鼻に付いてくる匂いに、ヨリは顔をしかめた。

「さっきも思ったんだけど、此所はいつもこんなに血の匂いがしてるの?」
「さあな。」
「故郷なのに知らないんだ。」
「そのうち、ここ以外の事もたんまり教えてやるよ。」

アルトの気分はヨリのうさん臭がる顔では無く、これから来るモノに対して高揚していた。
先程この辺りでやり合った後なのと、此所でやってる内容が血の臭いしか残らない興業故、周囲にその気配が残っているのはいつもの事。だが、血の臭いが明らかに強すぎる。
別段、変化はない。しかし、地下闘技場の出入り口周辺は、不必要な程に血の匂いが集中していた。明らかに誰かが血まみれに潰されて、誰かの手によって移動してきたか。もしくは、今日は相打ちの数が多くて、客席の出入り口まで搬出に使われたか。元々が薄暗い通りなのに、うっかり一帯の街灯が壊されていて、まともに分かるのは屋内の明かりが届く辺りだけだった。お陰で、血糊で残された足跡がどういったものなのか、まともな判別を付ける事が出来ない。

「まぁ、思いっきり好戦的に頑張る馬鹿がいる訳ね。」
「何が?」
「でーっかーい独ーり言ー。」

気分に合わせて、リズミカルなテンポで拍を刻む。
アルトは自分の事を賢いとは思っていない。だが、これで気がつかない馬鹿では無いと思っている。そして横目にジンが眼鏡を懐に仕舞っているのを見て、アルトの中で立てられた予想は確信に変わった。
多分、賞金首の領域に入った。血の足跡は死体を使う奴の準備だろう。計画性を全く持たないアルトにでも分かる簡単な戦法だ。
出て来る予想数を勘定し、それをどう捌くか考えるだけで、アルトの顔は自然と綻んでしまう。

「やっぱり来る?」
「ああ。」
 黄緑色の瞳が笑顔に揺れた。しかし、ジンは懐中時計を閉まったままで、周囲を見渡している。
「多分、俺達をこの子からひっ剥がしたいんだろ。そんな数が控えてる。」
「何か、来るの?」
「ああ、離れるなよ。」

ヨリが注意深く周りを見回しているうちに、二人は銃を取り出していた。不意の動作に吃驚したヨリの頭を避け、ジンは手持ちの拳銃で揺れ始めた影を撃ち抜く。
アルトは先程頂戴した拳銃で、すぐ傍の窓を撃つ。壁の横と、窓の向こうで人影が吹き飛んでいった。
ヨリは腕が真横をすり抜けた時、咄嗟に耳を塞いだものの、間接的な振動で撃鉄の爆発音を感じていた。
その振動で、先程聞いた不思議な声の言っていた言葉を思い出した。
こんな所でくたばる訳にはいかない。すぐ傍に手伝ってくれる人がいると思って怖じ気付いてしまったら、きっと答えなんて見えなくなってしまう。

「普通の人間だったら、悪い事したな。」
「謝らんでも死んでるだろ。いい事だけしか頭に入ってないからこんな場所にいるんだ。そんな奴等は俺みたいな男前か別嬪にとっとと昇天させてもらって、宗教信心関係無しに弔ってもらえりゃ充分。」
「同胞には優しいのな。」
「まぁね。俺もリリーにそうされたいから。」
「ああ、ハイハイ。」

二人がそんな戯言を言っている間に、銃弾で吹き飛んだ人間が糸に吊られた傀儡の様にあらぬ音を立てて起き上がった。すぐ側の物陰からもガサゴソと動く音が聞こえ、いつの間にやら一個小隊の人数が勢揃いしていく。
洒落たジャケット羽織る男、黒いスーツを着た初老の男、ジャージに薄っぺらいTシャツを着た若造。
先程二人が伸した奴等が再び、見えない何かに引き摺られて三人の眼前に現れた。薄い月明りに見えた土気色の顔には、真っ黒な蜘蛛の巣の模様が浮かび上がっていた。

「うわっ、なんじゃこりゃ。」

全員揃いも揃って、同じ蜘蛛の巣模様を顔に引っ付けている。褒め言葉はいいへヴィメタルメイクだという所しかなくて、団体で揃うのを傍で見ると、どうにも気持ちが悪い。更に、色は違えど蜘蛛の巣の模様は超人紛いになる時のジンの腕に出る模様とどこか似ていた。それだけで、アルトのテンションは嫌でも跳ね上がる。
それが起こっている時、アルトには何故そんな事になるのか全く分からない。
只、ジンが持っている懐中時計を握って一声あげると、時計が彼に同化していく。その時の彼は時計が早回しになった様に動作が早く、誰が何をせずとも周囲には彼の手によって片付けられている。アルトには視認するのがやっとの速度なので、もし敵方だったなら思いっきり敬遠したい。機動隊でも前線張れる人間が、実はターボで倍速機能があるなんて信じたくない。
軍部官僚の巧妙な罪の押しつけで監獄送りにされたリリーを探して、うっかり軍規違反で掴まった時に、アルトは初めてその模様を見た。逃げる事も出来ず、生きる道も何もない状況で見ると神々しいものだったが、今はそれが微妙に憎らしい。もしもこいつ等が常人離れの動きをする屍体だったとしたら、それが目の前で一個小隊組んでいる事態だ。馬鹿みたいに手間だけ掛かって、薄っぺらい報酬。腕の一本落とす危機を乗り越えても、小さな借りで消えていくのが関の山だ。
しかし、ここは正義を求めて逃げ続けた馬鹿な子供の為。そして、自分に素敵な舞台を準備していた敵方への愛情は、きちんと形にしてやらないと気分が落ち着かない。事前にクローディアから情報買っていたと納得して、このゾンビ集団を如何に対処しようかと思いを巡らせる。
しかし、アルトが思いを巡らすよりも先に空気が動いた。
ジンはその顔に付いた模様を見た瞬間、近寄ってくる屍体に恐ろしい早さで間合いに踏み込み、容赦無く拳を模様に叩き込んだ。そのまま足を振り上げ、他の面に付く刻印を蹴り潰す。
潰すと同時に、放電現象でよく聞く鼓膜をつんざく音が響き渡る。唐突に開戦の合図が鳴り響いた。
寝耳に水ではなくマグマでも放り込まれた気分でジンを見る。
そこに立っているデスマスク被った屍体共よりよっぽど物騒で、真直ぐ過ぎる殺意を対象へ向けていた。
傀儡は模様の真ん中に衝撃を与える事で消えるらしい。狙い撃ちされた奴の模様は、花火の様な音を立てて消えていった。

「待て。お前のは殴っても止まらんだろ。何で分かった。」
「さぁな。」

更に他の近寄る奴等を容赦無く殴り飛ばす。派手な音を立てて、人形が死体へ戻っていく。
ゾンビ共に付いた模様にキレるお年頃か。彼らとの間に何の因縁があるのか気になったものの、まず向かって来る奴等を潰す事に意識を向けた。

「要は模様の真ん中を狙えば良い訳ね。」

標的がすぐ傍なので早撃ちが出来ない限り無理だ。故に、白兵戦が有効手段。自分の好む選択肢が出てきた事に、アルトは安心した。
アルトにとっての喧嘩は、好きに自己主張が出来る唯一の場所だ。プログラムされた作戦の実行よりも、私利私欲に塗れた興行よりも、自分の形でどこまでも自由でいられる世界がそこにある。
一瞬で蜘蛛の巣に侵された男に駆け寄り、蜘蛛の巣めがけて拳を撃ち出した。
更に、妙な歩き方と俊敏さで近付く奴等を強引に引き寄せ、華麗に水月蹴りで薙ぎ倒す。同じ調子で起き上がる動きに合わせて、黒い巣の中心へ拳と踵を振り下ろした。
 ヨリは必死に掴み掛かってくる奴等の腕をすり抜けるものの、先程よりも動作は遅くなっていた。
頭では反応している。しかし、体は思う様に動かない。あっという間に、ヨリの腕は背の高い栗色髪の男に掴まれる。見上げたその顔に付いている眼は、感情を持たぬ人形の眼で、何も考えていないガラスの向こうには闇が広がっていた。
殺される。
信用のおけるその眼で、命を奪われる恐怖を感じた。
横目に黒い放射線状の糸は側頭部へ集まっているのを確認し、持っていた貴重品と名の付く鈍器で殴り倒す。
しかし中心には程遠く、よろめいてヨリを手放したものの、再び掴み掛かろうと手を伸ばしてくる。
すぐ手近にある街灯の柱に捕まり、それを足場にして跳躍する。

「ごめんなさいっ。」

馬鹿正直に謝る癖に、勢い良く相手の顔面に踵を叩き付ける。感じる振動は堅いものを壊す感触で、普通の生き物と同じだった。
だが、耳に届く音と膝に伝わる電気刺激は、何か異様なモノを殴った事を確認させる。ヨリはそれに言い様のない不安を感じて、着地してから視線を落とす。
そこにあるのは、古い記憶にある人間の屍体そのものだった。
息のあるうちは人として生きていたのに、傍迷惑なものに巻き込まれてしまった人達だ。死して尚動かされたものの、人に殴られる事で何かを落とし、やっと己の自由を得ている。感情を無くした顔は哀愁を漂わせ、酸化してどす黒くなってしまった血は溢れる事無く、顔や服に染み付いている。もう、人ではない。ただの塊。
その姿に恐怖を感じて、顔を上げた。

「...ヒナ?」
視線の先には、血の匂いしか残っていない闘技場への出入り口が開いている。そして、その向こうから二人の人間がこちらを見ていた。
一人は男。もう一人は子供。
男は物影にいる為、顔も姿もと分からない。ただ、子供だけははっきりと分かった。それこそ、よくよく見知った間柄なだけに、見間違う事は無い。
喪服を着て、つばの大きな防止を被り、笑顔でヨリを見つめている。
しかし、つい十数日前に血塗れで倒れていた彼女の姿を何と説明しよう。医者と警察を信用せずとも、人の急所を派手に傷つければ、あっという間に動かなくなる。バケツ一杯の血を流している生物を、そのまま放置すれば死んでしまう。


あれはヒナじゃない。ヒナに似た人間が、あそこにいるだけ。

そう思い至るにはほんの一瞬だったものの、不意打ちと衝撃から一気に彼女の死んだ時へ記憶がフィードバックしてしまい、ヨリは混乱していた。その場へ釘に打たれた様に止まってしまう。
立ち止まった瞬間、それを狙った様にヨリの鳩尾に打撃が打ち込まれる。その勢いで襟を掴まれ、再び腹に一撃。防ぐ間もなく入った拳は遠慮なしに胃をえぐり、叩き込まれた打撃は胃に納められていた強烈な酸と共に、先程掻込んだパンとビールを内臓から追い出してくれた。大きな打撃でふらついたヨリは、背中にとどめの一撃を食らい、地面へ倒れ込む。
そんなヨリを蜘蛛の巣模様の付いた大柄な男が担ぎ上げ、そのまま闘技場へと歩み始めた。

「行かせるかァ!」

アルトが男の足を止めようと駆け寄ると、直ぐ傍にいた男が掴み掛かった。ジンにも複数人の傀儡がしがみつく。
只の足止めではない。
ジンは手近にいる男の服を掴み、腰の回転を掛けて放り投げる。アルトは掌と肘で飛ばし、纏わりつく奴等を強引に引き剥がした。
瞬間、赤い発光が白く変わり、人間が盛大に爆発した。